Pocket

婚活パーティーに行って失敗した経験がある方も多いのではないでしょうか。
ではどこでどのような失敗をするのか私の体験談なども含めて書いていきたいと思います。

また婚活パーティーで知り合った異性とデートに行って失敗したという方も多いと思います。
その原因も考えていきたいと思います。

婚活パーティーでよくある失敗

婚活パーティーでのよくある失敗はいろいろあります。
婚活パーティー前の失敗
婚活パーティーの前に婚活パーティー選びから失敗している可能性もあります。
条件、年齢、その他あなたが希望する異性が参加していない、あるいはあなたのスペックを求めている異性がいない婚活パーティーを選んでいる可能性があります。
たとえば、あなたは結婚相手を探しに来ているのに恋人や友達を探しに来ている人が多かったなどです。
ですからあなたが求めている異性が参加している、あなたを求めている異性が参加している婚活パーティーを選ぶことが大事です。

準備段階での失敗
婚活パーティーに参加する前に失敗しているパターンです。
それは何かというと服装や髪型ですね。
本気度の高い婚活パーティーなのにジーパンで参加するとかカジュアルな服装でも良いのですが、変わった服装できているなどです。
靴もサンダルできているなどですね。
普通が一番いいと思います。

遅刻
遅刻すると厳しいですね。
まず印象が良くないです。
それにプロフィールカードを書く時間もないですし、流れにも乗れないですし、相手もあなたのことを知るチャンスが減ります。
なるべく早く会場に到着できるように計算することが大事です。

会話の失敗
ここは得意不得意もありますし、経験値が大事だったりもします。
詳しくは会話術などを見ていただければと思います。

立ち回りの失敗
婚活パーティーの流れを知らずに後手後手に回ったり、あたふたしていると目当ての人が他のライバルと仲良く話しているなんてこともあります。
後手を踏まないように先手必勝が大事です。
そのためには婚活パーティーの流れを知るということも大事です。

婚活パーティー失敗談

私も婚活パーティーで失敗したことがあります。
一番は初めていった婚活パーティーです。
何もわからず行ったのですが、開始時間ギリギリに行ったらもう始まるというところでした。
そうするとプロフィールカードというものがあってそれを全く書いておらず書く時間もなかったのですがまずはそれを書かないといけないと思って書いていたのですが、どんどん進行していきました。
そのあとの流れもわからずどんどん進んでいきます。

男性が女性のところにいって話すという時間だったのですが、私はよく分からずあたふたしていると乗り遅れてスタッフに空いている異性の席に座らされるというのの連続でした。
結局、あっという間にその婚活パーティーは終わってしまいました。
この時に準備と流れを把握しておくことの大事さを知りましたね。

あとは積極的にいかないといけないということを学んでかなり積極的に行くようになりました。
しかしガツガツしているのが出てしまい、そのときはいい感じだと思っていたのですが、それは自分だけで相手が合わせてくれていただけでした。
積極的にいくのは大事なことですがガツガツいくのではなく、紳士的な対応が大事だということも学びましたね。

まとめ

婚活パーティーでは相手のことを何も知らない初対面の人と話すわけですから一つのミスが致命傷になります。
マイナスが一つあるだけでもう他の人に言ってしまう可能性があります。
ですから成功はしなくても失敗はしてはいけないと思います。

あとはやはり経験がものをいうと思います。
実際経験して分かることが多いのでまずは一度行ってみることかなと思います。
そうすると、自分はどうすれば良いのかなど気づいていくと思います。
私も経験から改善していきましたからね。

Pocket