Pocket

大体食事に誘うのは男性だと思います。
ですからまずは男性目線で書いていきたいと思います。

婚活パーティー後の一回目の食事がとても大事だということはわかると思います。
この一回目の食事に行けることとその後二回目の食事に行けたということならばある程度山は乗り越えたのかなというのがあります。

大事なのはその前の食事の誘い方ですね。
カップル後に当日そのまま二人で食事に行けたら流れとしては簡単ですし良い流れだと思います。
たまにそれは良くないと書かれているところもありますが食事に行かないで後日という方が気持ちも覚める可能性もありますし、日程調整などいろいろ難しかったりする場合もあるので良くないとは思いますけどね。
そうはいっても婚活パーティー後はすぐに帰らないといけないとかあまり相手と話せていないので婚活パーティー後そのまま食事にいけないということもあると思います。
そうなった場合はメールなどで誘うことになると思います。
そこでメールで誘うための準備や誘い方を紹介したいと思います。

これは合コンの後食事に誘うときなどにも使えると思います。

婚活パーティーで布石を打つ

他の記事でも書きましたがある程度今後食事に行くことを考えて会話をします。
目的は婚活パーティー⇒食事に行く⇒デートする⇒付き合う⇒結婚です。
これは全てつながっていて全体のことを考えて行動することが大事です。
婚活パーティーだけのことを考えていてはダメです。
結婚や付き合ううことだけを考えてもダメです。
流れや過程を考えて、そして行動することが大事です。

ですから婚活パーティーで会話するとき次に食事に行くのが普通なので食べ歩きが趣味とか美味しいお店を知っているとかそういったところの会話するようにします。
女性が「行ってみたい!」「食べてみたい!」となれば悪い流れではないですし、後日メールで「前話したお店行かないですか?」という誘い方も抵抗なく自然にできます。

まあ婚活パーティーのときに直接今度食事へ行く約束ができているのが一番なんですけどね。

メールでの誘い方

布石を打っていない、全くきっかけがつかめないという方もいると思います。
そういった方はどうすれば良いのでしょうか。
別の記事の婚活パーティーからのデートの誘い方などでも書きましたのでそちらを見ていただければと思いますが早めに誘うというのもありますし、きっかけがないならきっかけを作ってから誘うということになります。
あとはきやすい状況を作ることです。
たとえばランチや相手の行動範囲の近く(職場帰りの近く等)などが抵抗なくきやすいのではないでしょうか。

女性の場合

女性の場合は基本的に受身で気になる人がいても自分から誘わないという人も多いと思います。
すごく気になっていたら誘うかもという人もいるかとは思います。
では自分から誘う場合どうしたら良いのでしょうか。

初めは誘ってもらいやすようにもっていって相手に誘ってもらうという流れに持っていくのも良いと思いますが、それでも男性がのってこない場合は相手があまりあなたに興味がないのかもしれません。
それでも諦めきれないというのであれば自分から普通に誘ってみても良いのではないでしょうか。
その場合、食事に行けたとしてもなかなか恋愛に発展しにくいというのはあると思います。

まとめ

私の中では男性がご飯に誘って女性がその気がなくて食事に行くことができたとしてそこで好印象を与えれば良い方向に発展する可能性は高いと思っています。
ですが女性からの場合、男性がその気がなくて食事にいったとしてそこから発展しにくいという感覚があります。
男性の方が容姿を重視していて一目惚れとかある程度早い段階で決めてしまうところがあると思います。
ですから男性の場合は戦略が大事かなと思います。
女性の場合は諦めて次にいくのが良いのかなと思ったりもします。
まあもちろん個人差がありますが、私はそう感じていますね。

Pocket